So-net無料ブログ作成
MFL短編の何か ブログトップ

思い出とともに~温もり~ [MFL短編の何か]



少しづつ月日は流れ、僕も少し色んな言葉や物を覚えた。




でも…時々うなされて頭に何かが響いて頭痛が起こるんだ…




そんな時いつもふらせーるは悲しそうな顔して僕や皆が眠るまで側にいてくれる。




その日はぐっすり眠って、また楽しい明日が来ると…僕は思っていた。。。




翌日、朝からバタバタと皆が騒がしい。




僕は眠い目を擦りながら、人だかり(?)に潜り込んだ




「!!?」




すると一番最年長のコルヌーのおばあちゃんが横たわってた…




声をかけても、触っても反応がない




「おばあちゃん…冷たい」




騒然となってる中、遅れてふらせーるが来た。




…ばあさんよく頑張ったなぁ…皆もありがとな。




ふらせーるはおばあちゃんの目を閉じさせてしばらく見つめていた 。



つづく

思い出とともに~温もり~ [MFL短編の何か]


その夜を境に、僕は時より夢を見るようになる




暖かくて優しくて女の人や素敵な男の子…それから老人達。




夢の中の僕は幸せそうに笑っていた。でも夢が覚めると…




僕は目から水が溢れていた。ふらせーるに聞いたらこれは「涙」って言うみたい。



「ふらせーるぅ涙はどんな時に出るの?」




んーそうだなぁ…まぁ悲しい時、辛い時…それから嬉しい時だな☆




「そっかぁいろんな時に出るんだぁ^^。じゃあ、ふらせーるも涙流すの??」




不意を突かれたのかふらせーるは困ったように笑い、頬をぽりぽりと二回掻きしばらく考え込んだ。




クスクス ぁはははは♪ フフッ
とピクシー達が笑い始めた。




そうだなぁ…俺は泣かない。と少し照れて、フンッと鼻息を立てて強気に言った。




ソレが妙に可笑しくて、僕も皆と笑い合った。ふらせーるも最期は堪えきれず笑っていた☆




こんな日がいつまでも続けばいいなって頭の中で思う。



つづく

思い出とともに~残像~ [MFL短編の何か]




僕はその日からバツになった。




それから仲間とふらせーるに囲まれて幸せな日々が続いた。




ある時仲間の1人が言った。「おまぃはどこから来たんだw?」




「??どこからぁ?わかんない。皆はどこから来たの?ずっとふらせーると一緒?」



…。皆はそれきり、どこから?を聞かなくなった。




仲間にはおっきな子やちいさな子まで沢山沢山いる。体がボロボロのや言葉が通じないのも居るけど楽しかった。




ザ…ザザ…ザ…ご……ザザめ…ザねザァー…




ハッと目が覚める。知らない人が泣いていた…。するとフラセールが近付いてきた




どうしたんだい?怖い夢でも見たか?




「頭にザザザって音が聞こえるの。知らない人が泣いてるぅ」




…そうか。と目を伏せてまた優しくポンポンしてくれた ふらせーるに触られると安心する。



つづく

思い出とともに~残像~ [MFL短編の何か]



僕は白い光の中で″何かを ″ぼんやり見ていた




夢なのか現実なのか…ふわりふわり




目が覚めると僕の目の前には見知らぬ男がいた。




「だぁれ??」




俺はフラセール。




「ふらせーる?」




そうだ。と優しく微笑んだ フラセールは僕を抱きかかえ、大きくて広い部屋に連れていった




ほら今日からここがお前の新しい家だぞ。
優しくポンポンと頭を撫で僕をそっと置いた




フラセール! フラせぃル♪ セールセールぅ
その子だぁれ~?と一斉に声が響いた




おいおい;セールて。と苦笑いを浮かべ僕を紹介した




今日からお前達の仲間の…そうだ名前付けなきゃな ん?お前…額にバッテン傷があるのな~。ならお前は今日からシンプルに″バツ″にしよう




つづく
MFL短編の何か ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。